新年明けましておめでとうございます。

当院も、開院後2度目の新年を迎え、まずは順調に業務を開始しております。
お休みは1週間程だったのですが、初日は何となく勘が狂ってしまい、電子カルテのタイプミスも、いつもより多かったような。

連休中も、個人的には特にイベントもなく、ただ何となく生活リズムが狂ってしまっていたのですが、仕事を再開して今日で3日目。
やっぱり「働く」=「あれこれ巡らせる」ということですね。
物事だけでなく、人間の身体も内臓機能も、活発に動いて巡り巡っている方が諸事調うんだなーと実感している次第です。

という訳で、今年もより良い医療を提供すべく日々模索しながら、スタッフ一同、元気に楽しく進んでまいる所存でございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、新年初回のテーマは、諸事情にて延び延びになっていたスタッフ紹介です。

諸事情って何?

・・と思って頂いた貴方! よくぞ聞いてくれました!
いや、聞いてないから・・と言わず、聞いて下さい!(笑)

私、去る11月に日本東洋医学会の専門医試験を受けまして、無事に合格致しましたのです!
平たく言うと「漢方治療の専門医」として認めて頂いちゃったということです。
で、その試験勉強で少々忙しかったというのが「諸事情」。

「漢方専門医」と言っても、当然のことながら、二千年以上の歴史を持つ漢方治療の全てを極めたなんてことでは、全然なくって!

「漢方治療に必要な基礎知識を一生懸命勉強しました。そして、これからも一生懸命勉強を続けますので、その点お認め下さい。」
という自己申告で試験を受けて、その結果、
「まあまあ最低基準に達しているのは認めてあげますので、これからも頑張って下さいね。」
・・と言ってもらえたというくらいの資格だと思っております。

なので、試験合格はゴールではなく、むしろ新たなスタートを切ったんだという晴れやかな気持ちで、これからも日々精進あるのみです。

久しぶりの本気の受験勉強、そして試験。

・・良い経験を致しました。
いつものことながら、かなり直前に迫ってからようやくスパートがかかりましたねぇ。
社会人になって久しい現在、期限を切られ、それまでに絶対に理解して暗記しないといけない・・なんていうプレッシャーのかかる経験は長らくしておりません。
バリバリの受験生だったあの頃よりも格段に落ちた集中力、暗記力、そして視力(泣)を実感させられ、お金で買い替えることのできないそれらのパワーダウンしたアイテムでもって戦わねばならないという試練。
しかも、誰に強制された訳でもなく、自分で望んで突っ込んでいった試練です。

でも。
繰り返しますが、本当に良い経験でした。
久しぶりに、自らの本気パワーを見た思いが致します。
まだまだやれるな、自分!なんて思っちゃったりして(笑)。

そして、励まし合いながら一緒にしんどい経験をした、価値観の合う優しい同志女医達。
多忙な中、貴重な時間を割いて全面的にバックアップして頂いた恩師・土方康世先生を始めとする、北摂中医学研究会メンバーの諸先生方。
泣き言をメールで飛ばした時、優しく励ましてくれた良き友人。

一生モノの師匠ならびに友人達という宝物を得ることができました。
正に、プライスレス。

試験勉強の期間を通じて、これら得難いものを得られた幸せを感じています。
試験に合格することができた今、またユルい日常に戻ってしまっておりますが、これからも月2回の土方医院での勉強会を筆頭に、2ヶ月に1度のうめだ中医学勉強会、月1回の北摂中医学研究会などに引き続き参加してまいりますので、時々自らブーストをかけながら勉強を続けていきたいと思っています。

・・えーと・・今回のテーマ、スタッフ紹介だったはず・・
なのですが、少々前座が長くなっちゃったので、これは「その1」ってことにしてしまいます。
近日公開「その2」に、乞うご期待!!
ご登場頂くのは、笑顔の素敵な、あの看板受付嬢ですよ!